ストレスの自覚のないケース

神経性頻尿は、強く緊張するイベントの際に起こる一過性のものが殆どです。
しかし、中にはそれほど強い緊張を伴わない神経性頻尿もあります。
職場で仕事をこなすことがストレスを感じてしまうことで頻尿を引き起こしてしまうことがあります。
このような場合、本人にストレスの自覚がないことが殆どです。
男性の場合、前立腺肥大症かなと思って受診したところ心因性頻尿と診断されて驚いたということも少なくありません。
夜中にトイレが近くなる原因といえば、睡眠障害によるものが多いようです。
人間の体は睡眠中に水分補給が行えないため、脳が腎臓に尿を濃くするように指令を発します。
それで脱水状態になるのを防止すると共に尿意の間隔が延びるようになります。
しかし、ストレスが原因で夜中に熟睡できないと脳の指令が低下し、昼間と同じ程度の尿が生成されてしまうため、
目が醒める度に尿意が気になり夜間頻尿になってしまうことがあります。
多くの場合は、心身の疲労の蓄積が原因ですので、ゆったり過ごす時間を設けるのが効果的です。

頻尿の悩みを解消するサプリならランキングから選ぶと便利です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です