カトリックのお葬式といったプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

もちろんおんなじキリスト教等級のお葬式ですから、通じる界隈も多いです。
若干異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられたやつの遺族や親戚、近親人間、そしたら参会人間が入場し着席するという、
お葬式が始まります。

では、前奏が始まり、歓喜歌をみなで斉唱行なう。
続いて聖典を朗読し、祈祷行なう。
祈祷をしたら、またここで歓喜歌を歌います。

そうして牧師様が亡くなられたやつの、アナウンスをします。
その人の出生や育ち、そしてどんなことをした人なのか、略歴を紹介します。

そうしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうしてもっと歓喜歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれる公演だ。
前奏について、後奏が行われます。

最後に遺族のリーダー人間となる人が、挨拶をして、
みなで亡くなられたやつに献花をし、お葬式は終結だ。家族だけのお葬式ならこちら