カトリックのお葬式といったプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

もちろんおんなじキリスト教等級のお葬式ですから、通じる界隈も多いです。
若干異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられたやつの遺族や親戚、近親人間、そしたら参会人間が入場し着席するという、
お葬式が始まります。

では、前奏が始まり、歓喜歌をみなで斉唱行なう。
続いて聖典を朗読し、祈祷行なう。
祈祷をしたら、またここで歓喜歌を歌います。

そうして牧師様が亡くなられたやつの、アナウンスをします。
その人の出生や育ち、そしてどんなことをした人なのか、略歴を紹介します。

そうしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうしてもっと歓喜歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれる公演だ。
前奏について、後奏が行われます。

最後に遺族のリーダー人間となる人が、挨拶をして、
みなで亡くなられたやつに献花をし、お葬式は終結だ。家族だけのお葬式ならこちら

安っぽいものはおまかせですし、厳しいものであれば豪華なデコレーションとなっています。

ただし、どんなものでも好みに合わせて選べばすばらしい…というものではありません。
香典袋に含める御香典の富を通じて、どの香典袋を買えばいいのか…というのが決まって来る。

包む金額にあった香典袋を貰うというのも、また礼典だ。

適切香典袋を買っても、中に入れた金額が少額では、寧ろ失敬に当たります。

一般的には、1万円以下の御香典であれば、シンプルな香典袋で可能。

また1万円以上の御香典であれば、ほんのり豪華な香典袋にください。

香典袋には、様々な種類のものがあります。
蓮の花が描かれた香典袋を見たことはないでしょうか…。

こういう蓮の花が描かれた香典袋は、仏式専用の香典袋となっています。

神式やキリスト教クラスのお通夜やお葬式では、使用することができません。
十分に注意しましょう。家族葬の詳しい情報はこちら

そもそもお通夜というのは、亡くなられたユーザーの霊を慰める結果、
また邪霊が来るのを防ぐために、
夜通しろうそくの火をともしたり、お香を絶やさないようにやる儀式のことになります。

とは言っても最近では、夜通しお通夜を行うことが少なくなってきました。
1間から3間程度のお通夜で、終わらせて仕舞う地方も中にはあります。
これを「半通夜」と呼んでいます。

お通夜に問う時折、ではお悔やみのメッセージをかけましょう。
一般的には、「こういう都度はご愁傷様でした。」と言います。
また「切にお悔やみを申し上げます」などと言うこともあります。

お通夜に御香典を持参する場合には、受け付けがある場合は受け付けで渡します。

受け付けがない場合は、祭壇に供えます。
その場合は、表書きが自分のユーザーに向くようにして、供えましょう。www.xn--2017-z63cnc2h4738auwf328h.com